裸眼で立体映像を楽しむことが可能な世界初の立体3Dデジタルカメラ「FinePix Real3D」の実機を触ってきました – GIGAZINE

情報元: http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090326_fuji_real3dsystem/

レンズを2つ搭載し裸眼での立体視を可能にした3Dデジカメが登場。でも、本体の液晶でしか立体で観られないんでしょって思ったあなた、なんと立体視できるプリントも可能なのです。

とは言っても、新技術というわけではなくレンチキュラーシート(見る角度によって絵が変わるギザギザしたアレです)を利用したものとなります。

当然、専用の印刷機が必要となるでしょうから富士フイルムのプリントサービスを利用することになるのでしょう。これって結構富士フイルムにとってはおいしいセールスモデル?なんて思ったりもしますが、専用プリンタの発売などはないのでしょうか?

立体に見えるデジタルフォトフレームも公開されているようですので、発売されたらこちらを購入しても良いでしょう。

シリーズ商品からサービスまで網羅できる3Dデジカメ。当たれば大きな利益を生むのでしょうね。

Tags: , , , ,

関連トピックス

Leave a Reply