Windows Virtual PC

Windows 7に搭載されるWindows XPモードですが、これはWindows Virtual PC向けに配布されるXPのインストールイメージファイルです。XPモードで可能なことはWindows Virtual PC次第と言うことになります。

Windows Virtual PCは、既存のMicrosoft Virtual PC 2007の後継と見なすこともできますが、機能的にかなり違うところがあります。

欠点からあげてしまうと、2007でできたドラッグアンドドロップによるファイルの送受信ができなくなっています。それではホストとどうやってファイルを受け渡すかというと、ホストのドライブがリモートデスクトップからの接続として見えます。仮想マシンからはホストのドライブがアクセスし放題ですので、サンドボックス的に仮想マシンを使用することはできなくなっています。

そのほかの変更点としてはUSBが使用できるようになっていること、ゲストのアプリケーションが単体で起動することなどがあります。ゲストアプリの単体起動は、Windows 7 で動かないアプリケーションを一見ネイティブのように扱うことができるため、互換性の向上といった点で役立つかも知れません。

Windows Virtual PCは、ホストマシン上に別マシンを立ち上げると言った従来の仮想マシンのあり方と目指すところが違っているのだと思います。

で、従来の使い方がしたいとMicrosoft Virtual PC 2007をインストールしようとすると互換性の問題で撥ねられたりします:-P

Tags: , , ,

関連トピックス

Leave a Reply